スマートフォンアプリ開発

ARアプリとは

ARは「Augmented Reality」拡張現実の意味で、スマートフォンのカメラなどで取り込んだ実際の空間に、情報を付加して、ユーザーの利便性やエンターテイメント性を高めるものです。
ARアプリは、位置情報をもとにした、「ロケーションベースAR」と、特定の画像や形状を認識させる「ビジョンベースAR」の大きく二つにわかれます。

ロケーションベースAR

GPSなどの位置情報をもとに、画面上にコンテンツを表示するタイプです。
GPSなど位置情報が取得できる環境なら、AR機能の利用が可能で、観光案内や経路案内などのアプリで多く利用されています。

ビジョンベースAR

定型の画像や実際の物の形や空間を認識して、コンテンツを表示するタイプです。
QR画像など、決まった形を用いるマーカータイプと、現実の物の形や空間の特徴を用いるマーカーレスタイプがあり、商品キャンペーンやエンターテイメントアプリで多く利用されています。

マーカータイプでは、QRコードなどの準備と配布が必要となります。
マーカーレスタイプでは、形状の特徴をアプリ内に登録したり、顔認識などの解析機能を実装する必要があります。

ARアプリの活用事例

「ポケモンGo」のヒットで、ARアプリが注目を集めるようになりましたが、既に様々なアプリで活用されています。

  • 商品やマーカーを認識して、キャラクターや広告、情報を表示するもの
  • その位置から対象物がどのように見えるか表示するもの(山の高さや稜線、花火の方向や見え方など)
  • カメラを通して実際の風景上で目的地まで誘導するもの
  • 教材などで写真の代わりに、画像や動画を立体的に表示するもの

など

VRアプリとは

VRは「Virtual Reality」仮想現実の意味で、コンピュータが創りだした非現実の空間を投影し、その空間に実際に自分が存在しているかのような感覚や体験をできるアプリです。
現在は、VR用のデバイスを装着(スマホアプリの場合はスマホをデバイスに装着)し、そこに表示される仮想空間を体感するものが主流です。
ゲームアプリの他に、宇宙空間や過去の世界など、実際には体験できない世界を体験できるものなどがあります。
また、360度動画は実際の空間を撮影したもので、視点を上下左右360度動かすことができ、立体視によって遠近感などを体感できます。簡単に体験できるVRコンテンツとして注目が高まっています。

VRアプリの活用事例

CGだけでなく、360度動画による疑似体験アプリも多くなってきています。

  • 車や鉄道などの運転シミュレーター
  • 自転車のツール・ド・フランスのコース走行やJRAのジョッキー体験をできるもの
  • 不動産の内見や、臨場感あふれる観光体験
  • SFやホラー映画のプロモーション

など

運用からプロモーションまで、開発後もしっかりサポートいたします

ストア申請代行

App StoreやGoogle Playなどのストアへのアプリ公開手続きを代行いたします。

運用保守

アプリリリース後の運用保守もお任せください。アプリが継続的に使われるよう、改善やOSアップデートに対応いたします。

プロモーション支援

アプリリリース後のプロモーションについて、自社メディア、他社メディアを利用したプロモーションのご提案を行います。

▲ ページトップへ