採用情報

挑戦や改善するものに事欠かない上にそれらがみんな面白いときたもんだから毎日が楽しいです。

挑戦や改善するものに事欠かない上にそれらがみんな面白いときたもんだから毎日が楽しいです。

キッカケは「パソコン関係が得意だから」本人も笑ってしまうエンジニアへの動機。

そんな彼に仕事のやりがいや楽しさなどをインタビューしました。

前職でのお仕事内容と、現在の仕事内容を教えてください。また、入社までの経緯や期待していたことを教えてください。

前職ではSEとしてシステム運用やユーザーサポートを主な業務としていました。現在はモバイルアプリケーションのサーバーサイド開発と運用を行っています。

前職で開発案件に携わったことがきっかけで、自分でものを作れるだけの技術を身に付けたいと思うようになり転職を決めました。
たまたまRuby on Railsで作られたアプリケーションを保守する機会に恵まれたことや、言語としてのRubyの親しみやすさも気に入っていたので、その経験を活かせる会社という基準でシーサーに応募しました。

当時のシーサーはRailsのエンジニアを積極採用中で、人数も少なかったこともあって幅広く経験を積めそうな環境に魅力を感じました。
あとは朝ゆっくりできるとか、スーツ着なくていいとかそんなところも楽しみにしていた記憶があります。

エンジニアメンバーの中で、「この人はすごい」!とか「おもしろいな」という人がいれば教えてください。

部署は違うけど近い時期に入社したサーバーサイドエンジニアのK・Oさんが、傍から見ていてももバリバリ活躍して周りからも頼りにされてて、その成長速度に驚かされます。
若さは真似できないけど熱意は見習いたいです!

エンジニアとして働くことの魅力を教えてください。

日々退屈しないことが魅力です。どんどん新しい技術が生まれる業界なので知らないこと、新しいことに挑戦できるし、身の周りにはまだまだ改善の余地がある設計や実装が溢れていると思うんです。
挑戦や改善するものに事欠かない上にそれらがみんな面白いときたもんだから毎日が楽しいです。

エンジニアになろうと思ったきっかけを教えてください。

笑われるかもしれませんが、エンジニアになりたいと思ってこの業界に入ったのではなく「パソコン関係得意だからやっていけそう」ぐらいの意識だったと思います。
中学生の頃に親がパソコンを買って自分はゲームばっかりしていたんですけど、快適にゲームするための障害のほとんどは自分で解決してきた経緯があって、「パソコンが得意」という根拠もそれだけだったので今思うと笑っちゃいます。
ただきっかけ自体はくだらないことでも、エンジニアになってみて楽しさを見つけられたことは幸運だったかなと思います。

今携わっている案件や、受託ならではのやりがいや難しさを教えてください。

受託案件と一口に言っても、一から作ることもあれば既にある程度のユーザー利用があるサービスに関わるものとさまざまです。

やりがいとしては初期開発はボリュームが大きくなりがちで実装の大変さがありますが、追加開発まで一連して携わることで振り返りによる成長の機会を得ることができることですね。

反対に難しいことといえば既存のサービスの特性を考慮して設計する必要があったり、機能を実現するための選択肢に制限があったりするところですが、エンジニアとしての手札が増えたり触ってみたら意外に興味が湧く技術と出会えることがあります。

これからやってみたいこと、目標などあれば教えてください。

綺麗な設計・コードを書けるよう力を付けて、エンジニアとしての自信に繋げたいです。
これから先、人に教える機会も増えると思うので「こいつ大丈夫か」と思われないようなエンジニアに成長していかないとダメだなと最近思っています。

過去の実装を振り返ってどうしてこうなったのか分からないといったことも無くしたいし、他の人の実装をレビューするときには自信を持ってやりたいし、もちろん自分が楽しく実装するためにもまだまだ成長していきたいです。

その他のスタッフインタビュー

特別企画インタビュー

▲ ページトップへ