採用情報

未経験から学生アルバイトを経てアプリエンジニアへ。これからもスキルとセンスを磨いていきたい

未経験から学生アルバイトを経てアプリエンジニアへ。これからもスキルとセンスを磨いていきたい

学生時代に興味のあるアプリ開発がキッカケでシーサーに入社したM・K。

学生アルバイト時代と入社して現在に至る仕事の取り組み方から心の変化をインタビューしました。

シーサーへは学生アルバイトを経てのご入社ですが、入社のきっかけや決め手があれば教えてください。

「せっかくなので自分の興味のある仕事がしたい」と思ったことがシーサーでのアルバイト勤務を決めたきっかけです。

約2年のアルバイトの間に、様々な案件に携わったのですが、最初は比較的簡単な先輩社員の補助として案件に携わっていました。のちに社内案件も開発させてもらうようになって、そこで仕事の面白さや開発することが自分に向いていることに気付いて「この仕事を続けていきたい」と思い大学卒業と同時に正社員として入社しました。

現在の仕事内容と、お仕事のおもしろさ、難しさを教えてください。

スマートフォンアプリを開発しています。開発に関しては大まかなレギュレーションはありますが、実装の方法など開発方針は個人やプロジェクト単位で決めていて、比較的自由度が高いです。その分スキル・センスが要求されますが、ここは経験によって磨いていけるところだと思います。偉そうに書きましたが、自分もまだまだ模索中です…(笑)

アルバイトスタッフと一緒に仕事を進める中で大切にしていること、また、刺激になっていることがあれば教えてください。

まず、社員とアルバイトを区別することはあまりありません。学生アルバイトといっても開発経験のある方が多く、優秀な方が多いので案件に携わってもらうこともあるんですよ。

自分が心がけていることとしては、当たり前ですが「質問に丁寧に答えること」「分からないことは一緒に調べること」「特に質問の多い決まった手順や、間違えやすい箇所はドキュメント化して社内共有すること」です。

アルバイトの場合、3カ月ごとに作業内容の発表をしてもらっているのですが、自分の知らない範囲に及ぶこともあるので大変刺激になっています。社内勉強会もあるので知識の共有ももちろん大切にしています。

エンジニアとして働くことの魅力を教えてください。

そもそもプログラムを書くときは何か実現したいことがあって書くわけですが、その実現方法を考えることが楽しいというのが魅力ですね。

もちろん「アプリを使う人に喜んでいただきたい」ということもやりがいのため、プログラミングの知識はもちろん、UI/UXに関してさらに詳しくなっていけたらと思っています。

これからやってみたいこと、目標などあれば教えてください。

まずはスマホアプリに関してさらに詳しくなることです。周辺事情も含めて移り変わりが激しいので、敏感になっておかなければなりません。最近はアプリの営業担当に同行してお客様とお話しする機会も増えてきました。そんなこともあって「質問には早めに答える」「説明は簡潔にまとめる」といったスキルをもっと磨いていきたいと感じています。そのためには知識量を増やすなどさらに精進して、自信を持って対応できるようになっていきたいですね。

また、社内外問わず勉強会などに参加してスキルアップを図っていくことも目標の一つです。

京都オフィスの「ここが好き!」を教えてください。

京都は住みたい街ランキングで上位になることが多いと思いますが、京都オフィスが位置する丹波口周辺はなかなかいい街です。ランチや飲み会に便利なごはん屋さんも多くて、少し歩けばJR・阪急の駅もあるので通勤しやすいと思います。

また、社員・インターン合わせて10人前後なので、アットホームな雰囲気です。基本的にチャットでのコミュニケーションですが、ランチには休憩スペースに集まったり、作業時にも席が近いのでお互いにすぐ話しかけることができるのも働きやすいポイントです。

その他のスタッフインタビュー

特別企画インタビュー

▲ ページトップへ