採用情報

京都オフィスの良さは何といっても居心地の良さ。のびのび開発できる環境って、とても貴重だと思うんです。

京都オフィスの良さは何といっても居心地の良さ。 のびのび開発できる環境って、とても貴重だと思うんです。

さまざまなアプリ制作にチャレンジできるシーサーでのアルバイトを経て、晴れて2017年に社員登用制度で入社。

学生時代の話からシーサー入社の決めてなどのインタビューを紹介します。

シーサーへはアルバイトを経てのご入社ですが、入社のきっかけや決め手があれば教えてください。

シーサーでは1年ほどアルバイトでお世話になってから正社員として入社することになったのですが、一番の決め手は社内の雰囲気です。

普段からみんなで雰囲気良く仕事に取り組んでおり、詰まるようなことがあってもすぐにみんなで解決できる環境があるというのは本当に素晴らしいと思います。

また、最近話題のライブラリを取り入れてみるなど新しいことへのチャレンジもやりやすく、そういったところも決め手です。

学校での専攻は何でしたか?また、プログラミングを始めたきっかけや、興味を持った時の話を聞かせてください。

学生時代はネットワーク系のレイヤーでいろいろやっていました。

初めてプログラミングを始めたのは中学1年生くらいの時です。

きっかけはコンシューマーゲームの攻略情報をWebページで配信したくてHTMLを書いていた時に、いちいち書き換えるのがとても大変だったのでレンタルサーバーを借りてPHPとJavaScript(ちょうどその頃はjQueryが出始めの頃で話題だった気がします)を触り始めました。

中学3年生の頃からはひたすらC言語で競技プログラミングと呼ばれる問題を解いたり、コンテストに出たりしていました。

シーサーのアルバイトではどんなことをされていましたか?

基本的に自分の作りたいアプリを作らせていただいていました。最低限「◯◯な機能は搭載したもの」といったお題はあるものの、それを含んでいれば好きなように作れる環境だったのでとてものびのびと開発することができました。

音楽系アプリをいくつか作って社内プレゼンをしたのですが、自分が欲しくて作ったアプリだったのでストアに出していないものの、自分では使い倒しています!

自分のアイディアさえあれば、生活を豊かにできるアプリを作ることができ、インターン生にとってはとても素敵な環境だと思います。スキルも磨けて学生時代からどんどんチャレンジしていきたい方に、シーサーでのインターンは大変オススメです。

これからの目標や、やってみたいことを教えてください。

春からはスマートフォンアプリケーションの開発が主な業務となりますが、アプリ側だけではなくインフラやバックエンドからアプリ、フロントエンドまで広い視野を持って開発に携わっていきたいです。

IT系の世界ではホットな出来事やニュースがものすごいペースで流れていくので、常にアンテナを張ってOSSライブラリにコミットしていきながら、自分から時代の進歩に貢献していきたいです。

新しいことに常にチャレンジしながら開発し、「自分が流行りを作るぞ!」という気持ちでやっていけたらと思っています。

京都オフィスの雰囲気や京都オフィスの「ここが好き!」を教えてください。

京都オフィスは全員仲が非常に良いのが一番好きなポイントです。私自身含め各々がいろいろな趣味を持っているので多様性に溢れてると思います。

業務中のオフィスはそれぞれ音楽を聞いて集中して作業している為オフィス自体は静かですが、「業務中は業務に集中」「休憩中はみんなで楽しくおしゃべり」をしてリラックスでき、メリハリのある居心地の良いオフィスとなっています。

その他のスタッフインタビュー

特別企画インタビュー

▲ ページトップへ