スマートフォンアプリ開発

ゲーム開発だけでは終わらない。エンタメアプリも今後積極的にリリースしていきます。

2013.08.26

App Storeのトップセールスでも常に上位をキープしている『ドラゴンリーグX』と『ドラゴンポーカー』。ソーシャルゲームを運営しているアソビズムの代表作であり、多くのユーザーに支持を得ているゲームです。

今回シーサーに開発依頼をお声掛けいただいたのはゲームアプリではなく、なんとタイピング練習アプリ。一体どのようなアプリなのか。また何故このタイミングでタイピング練習アプリなのか。担当の株式会社アソビズム 目(さっか)隆之様にインタビューしました。

貴社概要について教えてください。

アソビズムは2013年7月で9期目を迎えた、ソーシャルゲームやコンシューマーゲームのゲーム企画・開発・運営を主な事業としている企業です。弊社代表作には、AppStoreで配信中の『ドラゴンリーグX』と『ドラゴンポーカー』があり、シリーズ累計200万人の会員数を抱える弊社収益の柱となっています。

一方でゲーム以外の新たな分野にも積極的にチャレンジしていきたいと思い、その一環としてカメラアプリやタイピング練習アプリなどのカジュアルアプリの開発を進めています。

弊社ソーシャルゲームの開発は内製で行っておりますが、カジュアルアプリの開発については、外部の開発会社さんにご協力頂こうと思っていましたので、今回は開発実績が豊富なシーサーさんに開発をお願いしました。

今回開発を依頼いただいた『萌えたい(ぷ)』について教えてください。

萌えたい(ぷ)』とは、プレイヤーが主人公となり、出題されるタイピング問題を制限時間内にクリアして、ヒロインとの恋愛ストーリーを進めていくノベルタイピングゲームです。

ゲーム中に出題されるタイピング問題を時間内にクリアすると、ヒロインのボイスが再生され、ストーリーを先へ先へと進めることができます。
また、ステージクリアするとヒロインがステージ中に発したボイスを手に入れることができ、そのボイスは目覚ましアラームとして使用することができるようになっています。

ヒロインのキャラクターボイスは「ルパン三世」峰不二子役などでお馴染みの沢城みゆきさんにご担当頂いており、フリックタイピングを習得したいユーザー様はもちろんのこと、声優やアニメ好きの方にもお楽しみ頂けるかと思っています。

今回アプリを作った背景はどのようなものでしょうか。

弊社は、この度メイン事業であるソーシャルゲーム、コンシューマーゲームのゲーム企画開発とは別に、新たな試みとしてライトなスマートフォンアプリ開発に特化したカジュアルアプリブランド『POTDE(ポットデ)』を立ち上げました。タイピング練習やカメラアプリをはじめとするライトなスマートフォンアプリの企画開発を行っていきます。

『POTDE(ポットデ)』ブランドでは、「簡単かつ気軽に遊べる」をテーマにした、シンプルだけど楽しめるスマートフォンアプリを定期的に配信していく予定で、その第三弾アプリが『萌えたい(ぷ)』になります。第一弾は『顔出しカメラ』、第二弾は『聖おにいさん下界カメラ』というカメラアプリです。

今後は定期的にカジュアルアプリを配信し、弊社コンテンツのファン層を拡大していきたいと思っています。

開発の際にこだわった部分などありますでしょうか。

全てです。キャラクターボイスをお任せする声優さんの選定から登場するキャラクターのイラスト、シナリオ、BGM、タイピング問題の制限時間設定などアプリ仕様の細部までこだわりました。

プレイして頂く全てのユーザー様に楽しんで頂きたいという思いで作りました。

できあがったアプリを見た社内スタッフの反応はいかがでしたか。

最初の方はタイピング問題も簡単にクリアできるのですが、最終ステージに近づくほどタイピング問題が難しくなっていくので、結構みんな必死になってプレイしていました(笑)

あと、カジュアルアプリとはいえ意外にボリュームのあるアプリなので長く楽しめるとも言ってもらえました。
アニメ好きのスタッフからは早く続編も作れといった、完全に公私混同した意見もありましたね(笑)

最後に『萌えたい(ぷ)』を利用されるユーザーへメッセージをお願いします。

タイピング練習アプリは多くありますが、制限時間内にタイピング問題をクリアして恋愛ストーリーを進めていくものは今までになかったものだと思います。キャラクターボイスは、あのルパン三世の峰不二子役の沢城みゆきさんにご担当頂きました。声優ファンの皆さんはもちろんのこと、疑似恋愛の世界で楽しみながらフリックタイピングが上手くなりたいというユーザー様にも是非遊んで頂きたいと思っています。